私たちを結びつけるこのリボン。
それは国を超え、病を超える大きな力となって
研究、教育、医療サービスの各分野で
世界中の女性たちに希望を届けています。

あなたの参加が支援になる

コンテンツご紹介

Pink Ribbon in Your Hand

Pink Ribbon in Your Hand

あなたの手のひらにある
ピンクリボンを
探してみませんか?

手を繋ぐように、リボンを超えた絆で
繋がり合う ———
SNSへ投稿頂くと、1投稿につき一定金額が
乳がん研究施設 BCRFに寄付されます。
あなたの参加が乳がんのない世界への架け橋です。

参加する 参加する

※Instagram・Facebookからアクセスされた方は
「参加する」ボタンを長押しして「リンクを開く」を押してください。

LINEスタンプ

LINEスタンプ

日々のコミュニケーションに
優しさを。

人気のLINEスタンプ ガーリーくまさんの
限定ピンクリボンverが登場。
毎日のコミュニケーションに感謝や優しさをプラスして
みませんか?

参加する

支援製品

エスティ ローダー グループの支援製品

2020年10月1日より限定発売

期間中、8ブランドが乳がんキャンペーンを支援する製品が登場。
収益の一部が乳がん研究基金(BCRF)やJBCRG(Japan Breast Cancer Reserch Group)等に寄付し、医療研究に役立てられます。

エイジ RE

7,000円(税抜)

詳細はこちら

パワフル ピンクス リュクス
マット リップ カラー デュオ

5,500円(税抜)

詳細はこちら

ピンクリボン
CA ハンドクリーム

3,600円(税抜)

詳細はこちら

クレーム ドゥ・ラ・メール

10,000円(税抜)

詳細はこちら

レッド ローズ コロン

16,000円(税抜)

詳細はこちら

モイスチャー サージ
シリーズ

2,400円(税抜)〜6,900円(税抜)

詳細はこちら

ピンク パーフェクション
リップスティック セット

7,000円(税抜)

詳細はこちら

リップ カラー

6,000円(税抜)

*各百貨店または百貨店のオンラインサイトにてご購入ください。

乳がんについて

乳がんは早期に発見・治癒することで治る確率が高い病気です。

セルフチェックや超音波、マンモグラフィを組み合わせた定期的な検診を受けましょう。
マンモグラフィは、透明の圧迫板で乳房をはさみ、薄く引き延ばして撮影します。上下からはさんで1回、左右からはさんで1回を左右の乳房で計4回撮影します。
マンモグラフィ検査は触診でわからないような小さな乳がんまで発見できる優れた検診方法で、40歳以上の方に受診が推奨されています。

知っていましたか?

  • 最新のがん統計によると、日本では乳がんはがんの中で、男女合わせて4番目に発症率が高い病気です。*1

  • 女性のがんの中で一番多いのが乳がんです。 *1

  • 日本人女性の現在の発症率は11人に1人と言われています。 *1

  • 乳がんの患者数は増加しています。日本乳乳癌学会の調査では、2016年乳がん患者登録数は95,870 症例です。*2

  • 年齢別にみた女性の乳がん罹患率は30代から増加しはじめ、45~49歳と60~64歳がピークです。

  • 男性の罹患率は全乳がん内の約0.6%です。

  • 年間1万人以上もの女性が命を落としています、*1

  • 30歳〜64歳女性のがんによる死亡原因No.1が乳がんです。

※1出典 がん情報サービスHPより
※2出典 日本乳癌学会全国乳がん患者登録調査より
監修:一般社団法人JBCRG 代表理事 大野 真司 先生(公益財団法人 がん研究会有明病院 副院長· 乳腺センター長)

月に一度は、セルフチェック

How to Check

  • 鏡の前に立ち、目で確かめます。
    乳房に「腫れ」や「ひきつれ」はありませんか? 乳房の形や大きさ、乳頭の向きや陥凹に、右と左に差はありませんか?

  • 入浴中に、人差し指、中指、薬指の3本の指を使って、つままずに調べます。
    乳房に固まりやしこりはありませんか? 乳首をつまんで、血液混じりの分泌がないかも調べます。

  • あおむけや横に寝た状態で調べると、より分かりやすい場合があります。

乳がんトリビア

  • ツンと上向きの愛され
    バストの人は、
    乳がんになりやすい?

    正解は○

    ツンと上向きの愛されバストの人はご用心、
    乳がんにかかる可能性が高くなります。

    鏡の前に立ち、目で確かめます。
    バストの大きさと乳がんの発症には何の関係もありません。ただしバストを構成している乳腺の量と「乳がん確率」は比例します。バストは乳腺と脂肪とで構成されており、乳腺の量が多ければハリのあるプリッとしたバストラインに。
    ちょっと仰向けに寝てみましょう。あなたのバストはどうでしょう?ダランと横に流れずにプリッとした形状を維持しているバストの人は、乳腺の量が多く美乳です。ということは、乳がんにかかる確率も高くなるということ! 愛されバストが乳がんで失われるなんて、そんなショックなことがあったら・・・。
    乳がん早期発見のためのマンモグラフィでは、画像に写った脂肪と乳腺の比率をチェックします。白く写るのは乳腺、黒く写るのは脂肪です。画像を見た際に「白」が多い人は乳がんになりやすいと肝に命じて、必ず検診を受けるようにしましょう。
    乳腺の比率が高く美乳の人は、乳がんにかかりやすいばかりではありません。仮に乳がんになった場合、脂肪の多い人に比べて発見しづらく、ある程度進行してからやっと見つかるというパターンも少なくありません。手遅れにならないためには定期的な検診しかありません。乳がん早期発見のために、マンモグラフィーをぜひ受けましょう。

  • 女性ホルモンが多ければ、乳がんになりにくい?

    正解は×

    美肌の源、女性ホルモンは
    実は乳がんの素!

    女性ホルモンと乳がんは密接な関係があります。女性ホルモンのエストロゲンは乳腺の成長をコントロールしており、乳腺は出産を経験して初めて成熟しきったといえます。
    女性ホルモンのエストロゲンの分泌量は30歳前にピークに達し、その後は年齢とともに次第に低下していきます。
    そこで減ってしまった女性ホルモンのエストロゲンを少しでも有効活用するために、乳腺ではエストロゲン受容体(ER)が増えてきます。この受容体と結びついたエストロゲンは細胞分化や細胞増殖を促すために乳がんの発症につながると考えられています。
    また女性ホルモンの原料は脂肪。最近は食生活の高脂肪化により、日本女性の体内では女性ホルモンの分泌量が増えているため、乳がんへの影響も示唆されています。
    このように女性ホルモンは乳がんの原因の1つなので、女性ホルモンの分泌を抑えるホルモン療法は乳がん治療の一環となっています。

  • こってり肉食女子は
    乳がんにかかりやすい?

    正解は○

    高脂肪食は
    乳がんの素になります。

    こってりとした肉食や高脂肪食を好んで食べ続けている人は、あっさりとした和食好きの人に比べて女性ホルモンの材料である脂肪摂取量が高くなります。
    女性ホルモンの原料は脂肪。最近は食生活の高脂肪化により、日本女性の体内では女性ホルモンの分泌量が増えているため、乳がんへの影響も示唆されています。お肉たっぷりの高脂肪食は女性ホルモンの分泌量を増やす傾向にあり、乳がんの発症リスクも高くなる傾向にあります。
    以前の日本では、60代~70代の人は和食中心で乳がん発症率も低かったのですが、近年は高脂肪食を好んで食べる人が増えたために乳がんが多く見られる傾向にあります。肉食だけに偏らず、高脂肪食にならないように気をつけ、バランスよく野菜をたっぷりと採るようにしましょう。

  • 子供を何人も産んだ人は
    乳がんになりやすい?

    正解は×

    子だくさんは
    乳がんリスクを軽減させます。

    日本女性の初産の平均年齢は29歳。女性は妊娠・出産により約1年間、生理がなくなります。20代で子供を二人産んでいるとしたら、生理回数は子供を産んでいない人に比べてかなり少ないといえます。
    生理回数が多くなるほど女性ホルモンによる乳腺への刺激は多くなり、乳がん発症率は高くなります。子供を産まず、生理回数の多い女性は子供を産んだ女性より乳がんになりやすくなります。
    また女性の体は出産後、母乳をあげることで乳腺はスカスカになり、それだけで乳がんになりにくくなります。何人も出産して母乳をあげている人はそれだけ乳がんになりにくく、仮になっても発見しやすいのです。
    しかし乳がんの予防のために子供をたくさん産むわけにもいかないでしょうから、ぜひ定期的に検診を受けるようにしましょう。

  • セルフチェックによって
    乳がんは見つけられる?

    正解は○

    日本の乳がんの60%以上は、
    セルフチェックによって
    見つけられています。

    日本の乳がんの60%以上は、セルフチェックによって見つけられています。
    セルフチェック(自己検診)で必ず見つけられる訳ではありませんが、自分の乳房の違和感を見つけることが、乳がんの早期発見と生存率向上への近道になります。

私たちの取り組み

これまでの私たちELCジャパンの
ピンクリボンの取り組みと
キャンペーンの歩みについて、
ご覧頂けます。

詳細はこちら

乳がんキャンペーンについてのお問い合わせ

ELCジャパン株式会社
「エスティ ローダー グループ 乳がんキャンペーン」事務局
pinkribbon@jp.estee.com